仮想通貨が使えるカード

仮想通貨で持っている資産を

『SB101』で使えるようにしよう!

 

 

仮想通貨で資産を持っているものの、日本円に換金できていないという方も多いのではないでしょうか。仮想通貨はそのまま置いておいても実生活で活用できません。仮想通貨と聞くと、入り口はたくさんあるけれど出口がないということで悩んでいる方も大勢います。

 

しかし、『SB101』なら仮想通貨を日本円で出金できるようになることはご存じでしょうか?せっかくの資産を高い税金や手間を考えてそのままにするのではなく、活用できるプリペイドカードを作成して毎日の生活を豊かにしてみませんか?

 

仮想通貨を日本円で出金するにはこれだけの手間がかかる!

 

 

従来であれば、下記のような方法を取らなければなりません。

  1. 自分のウォレットから仮想通貨取引所へ送付
  2. 海外の取引所であれば国内の取引所へ送付
  3. 取引所で日本円に換金
  4. 国内の銀行口座に送金
  5. 国内の銀行口座から出金

 

日本円で出金しようとする度に、なかなかの手間がかかることをおわかりいただけたのではないでしょうか。

 

利益がせっかく上がっていたとしても、「税金で取られる分が多いのであれば、一旦そのままにしておこう」「手間を考えると面倒」と考える方も多いはずです。これまでには仮想通貨をそのまま送金できるプリペイドカードがありましたが、日本では廃止されたこともあり不便さを感じていた方もいることでしょう。

 

 

簡単に使えてATMから日本円出金も可能な『SB101』

 

 

 

しかし、『SB101』のプリペイドカードを発行すれば、そんな状況を簡単に突破できます。

 

  1. 自分のウォレットから仮想通貨をプリペイドカードに移動
  2. ATMから日本円で出金

プリペイドカードを作れば、たった2ステップで出金が可能になるのです。

従来の手間を考えると、画期的な方法だといえるでしょう。

 

そもそもSB101とは何か?

『SB101』は、世界最大のオンラインカジノソフトウェア開発企業が親会社の取引所のこと。仮想通貨のユーザーが持っている資産を安全かつ円滑に使えるようにするために、取引所をオープンし、プリペイドカード事業をスタートさせたのです。

 

プリペイドカードの仕組みと特徴

 

 ◎プリペイドカードの仕組み

「SB101 取引所 Wallet+Card」システムは、カードを申し込むのではなく、取引所の口座(ウォレット)を開設するとカードがついてくるという仕組みです。お金の流れとしては下記のような流れとなります。

  1. ウォレットに保管した仮想通貨はプリペイドカードにUSドルで入金される
  2. カードのUSドルは全国にあるATMから日本円で出金可能に

 

先程ご説明した、楽に日本円で出金できる仕組みを口座開設するだけで使えるようになるのです。

ずっと困っていた方からすると、とても画期的なサービスといえます。

◎プリペイドカードの特徴

次に、このプリペイドカードが持っている特徴をまとめてご紹介します。

かかる費用

 この口座を開ける会員になるのに140USドル

 口座(ウォレット)管理費が5USドル/月(1枚のカードの場合)

 カードの年会費は無料

 

口座を開くためには140USドルが必要です。毎月かかってくる口座管理費も高くはないですから、税金や手間を気にせずに使えるという大きなメリットを感じられるはずです。また、カード自体の年会費もかかりませんので、非常に利便性が高いといえます。

 

カードに使える仮想通貨と加盟店

 銀聯(Union Pay)と提携

 BTC(ビットコイン)/LTC(ライトコイン)/ETH(イーサリアム)

※今後はRipple(リップル)/Bitcoin Cash(ビットコインキャッシュ)も追加予定

 

 

銀聯(Union Pay)のマーク

 

銀聯(Union Pay)と提携しているため、銀聯(Union Pay)の名前があるところでは使うことができます。銀聯(Union Pay)は中国の国際的なブランドとして有名で、世界に加盟店が1,800店舗程度と大規模に展開しています。

 

三井住友やUSJニコスなどと提携もしているカードなので、日本でも名前や銀聯(Union Pay)のマークを見たことがある方も多いはず。セキュリティがしっかりしていることでも有名ですし、セブン銀行のATMで出金が可能です。

 

追加予定のRipple(リップル)/Bitcoin Cash(ビットコインキャッシュ)以外にも、主要な仮想通貨(Factom、Lisk、Ethereum Classic、Monero、Augur、NEM、Zcash、DASHなど)が追加される予定です。

 

 

プリペイドカードを作る11のメリット

 

 

 

このプリペイドカードを作るメリットとしては、下記11個のメリットがあります。

 

  1. 仮想通貨を楽に日本円で出金でき、使うことができる
  2. 世界中で使うことができる
  3. ATMで毎日2,000USドルの出金が可能
  4. 毎日2,000USドルのショッピングが可能
  5. 解約費用は無料
  6. 日本語チャットでの対応が可能(平日9:00~18:00)
  7. スマホでの操作で楽に使える
  8. ブラックでもカードが作成できる
  9. 24時間いつでもカードにチャージ可能
  10. 今後さらに仮想通貨が追加されて使いやすくなる
  11. 今後はVISA、Masterも利用可能に

1つずつ詳しくご紹介します。

 

1.仮想通貨を楽に日本円で出金でき、使うことができる

 

日本では他に仮想通貨を楽に使えるプリペイドカードがありませんので、作っておくメリットは大きいといえるでしょう。カードを作らずにいた場合は税金や手間に悩まされながら対応する必要があります。

 

2.世界中で使うことができる

 

また、日本だけでなく世界中で使うことができます。

 

3.ATMで毎日2,000USドルの出金が可能

 

4.毎日2,000USドルのショッピングが可能

 

ATMやショッピングなどで比較的高額な費用を使える設定になっているため、利用枠に煩わされることなく使うことができます。

 

5.解約費用は無料

 

解約する際に費用がかかることはありませんので、安心です。

 

6.日本語チャットでの対応が可能(平日9:00~18:00)

 

海外で運営されているものの中には、日本語に対応していないケースも非常に多いですが、こちらは完全日本語対応のサイトで、何か疑問がある際にも日本語チャットで対応してもらえます。平日9:00~18:00で対応してくれますので、何か不明点があれば連絡してみてください。英語ができないことがネックにならないので、利用に困ることも少ないでしょう。

 

7.スマホでの操作で楽に使える

 

PCからも扱えますが、スマホで楽に操作できるようになっていますので、PCを保有していない方でも問題なく扱うことができます。

 

8.ブラックでもカードが作成できる

 

以前に金融関連で問題があってブラックになってしまっている方や無職の方であってもカードは作成可能です。

 

9.24時間いつでもカードにチャージ可能

ウォレットからカードにチャージすることは時間の規制なく、24時間いつでもチャージ可能です。(USドルでのチャージとなります。)

 

10.今後さらに仮想通貨が追加されて使いやすくなる

現在はBTC(ビットコイン)/LTC(ライトコイン)/ETH(イーサリアム)の3つとなっていますが、2018年にあらゆる仮想通貨が追加される予定です。今は対応していないものでも対応の幅が広がってきますので、より使いやすくなってくるでしょう。

 

11.今後はVISA、Masterも利用可能に

現在は銀聯(Union Pay)だけとなっていますが、今後はVISAとMasterCardも提携予定のため、加盟店がさらに広がり、使い勝手がよくなることは間違いありません。

 

気になる安全性は?

 

そして1番気にしている方も多い安全性については、世界最高レベルのセキュリティで管理されています。2018年頭に起きたコインチェックのNEM流出事件を思い出す方も多いですが、これはホットウォレットというセキュリティが厳しくない場所にずっと仮想通貨が保管されていたために起きてしまいました。

 

つまり、セキュリティがずさんな状態で管理されていたことによって起こった事件なのです。

 

対してSB101の管理はハードウェアウォレットと呼ばれる、Webから切り離され暗号化されたウォレットで資産の95%を管理していますので、安心です。

 

なぜ今作るべきなのか?

 

 

・申込みが殺到する可能性がある

 

この口座は2018年4月10日に開設されており、まだ徐々に広がってきている最中です。人々に認知されるような状況になってくると申込みが殺到する可能性もあり、申し込み待ちの状態になることも考えられます。

 

・費用が高くなる可能性がある

 

多少費用が高くても、申し込みが多くなれば初期費用などが高くなっていく可能性も考えられます。後で入っておけば良かったと思うことのないように試してみてはいかがでしょうか。

 

・早めに申し込めばアフィリエイターとしても稼げる可能性が高い

 

ここまでさまざまなメリットをご紹介してきましたが、実はこのカードを作るための口座開設は『紹介制』となっています。自分が紹介する側にまわるアフィリエイターや代理店としての活動を始められるため、今から始めることをおすすめしています。

 

口コミあるいはネットでの集客を行えば、口座開設につき一部の35%が報酬としてウォレットに入ってきます。

 

アフィリエイターとしては日本、中国、韓国、台湾、タイの5カ国で活動することができます。アフィリエイターになるためにもまずは口座開設が必要になりますので、まずは紹介者のID、口座開設の140USドル、そして身分証明書を準備して口座開設を行ってください。

 

アカウント登録の方法

 

では、実際にアカウント登録をするにはどのような手順で行っていけばいいのかをご紹介します。説明に従い、入力を進めていってください。(こちらの画面はPC版です)

 

登録時の注意点、こちらは完全紹介制になりますので紹介ID無しではカードの発行ができません。

 

1.お申込みボタンから登録を開始してください。

まずは右上の国旗マークをクリックして日本語の設定にし、下記①~⑤の順番で進めていってください。

 

①メールアドレス入力

②パスワード設定

③パスワード再入力

④チェックボックスにチェックを入力

⑤次へを押す

 

2.登録したメールアドレスに届いた認証コードを入力します

 

3.仮想通貨を入金してください

QRコードか、上の文字列を宛先に入力して送金をしてください。

※送金する際は高速設定を推奨しています。

 

4.着金しているかの確認をしてください

送金したら、アカウント画面を下にスクロールして「状態」の欄を確認してください。確認待ちが審査に通ったに変わればOKです。

 

5.仮想通貨からUSドルに変更します

取引タブを押して、持っている(使用可能な)仮想通貨をすべて★部分に入力し、その後に仮想通貨名の売却ボタンをクリック

 

  1. 6.(口座開設の)会員登録を行います

SBクラブのタブを押してから会員登録をクリックし、140USドルになっているのを確認した後、チェックを入れて確定ボタンを押してください。会員番号が表示されれば会員登録が完了となります。

 

会員登録が済んだら2~3週間でカードが到着しますので、適宜チャージをしながら使っていってください。

 

口座開設後の3ステータス

 

 

  1. カードホルダー
  2. アフィリエイター
  3. エージェント(代理店)

 

 

1.カードホルダー

口座開設が完了すると、誰もが1.のカードホルダーになります。口座開設が完了したので、自分の仮想通貨をチャージして使う、日本円として出金するという2つの方法で毎日の生活をより豊かにすることができるようになります。

 

残り2つのステータスは口座開設者を募り、自分に報酬が入ってくるというステータスです。先程もご紹介した通り、こちらは口座開設に紹介という方法しかありませんので、自分がこのSB101の口座を広める活動を行う側に回ることもできるのです。

 

2.アフィリエイター

アフィリエイターは口コミあるいはネットでの集客で口座開設を募り、費用の一部分の35%を報酬として受け取ることができます。アフィリエイターになるには、登録費として500USドルが必要です。(支払いはビットコインかライトコインのみ)

 

成果報酬として、下記3つの費用から報酬を得ることができます。

 

ウォレット(口座)開設費

口座開設にかかる費用140USドルのうち、90USドルの35%を報酬として受け取ることができます。

 

②口座管理費/月

口座管理費の5USドルのうち、1USドルの35%を報酬として受け取ることができます。

 

③チャージ手数料

チャージする際、チャージ額の3%がかかりますが、そのうちの1%をもとにしてその35%が報酬となります。

 

 

30名の口座開設、口座管理費、チャージを年間で5回×1,000USドル行ったとすると、合計で1,596UDドル≒175,560円が入ってくる計算になります。(1ドル110円で換算)

 口座開設で・・・945USドル

 管理費で年間・・・126USドル

 手数料で年間・・・525USドル

積み上げていけば、無視できない収入になってくることも考えられます。

 

3.エージェント(代理店)

エージェントはアフィリエイターよりも、さらに報酬の範囲が広く、初期費用もぐんと高くなります。エージェントになるには、登録費として2,800USドルが必要です。(支払いはビットコインかライトコインのみ)

 

エージェントになれば、口座開設をしてくれるユーザーを集めるだけでなく、アフィリエイターやエージェントを集めることも可能です。より多くの人材と一緒に動くことで、さらに報酬が増えていくようになります。

 

 

成果報酬は先程のものにプラスして、アフィリエイト登録と代理店登録が加わります。

④アフィリエイト登録

アフィリエイト登録は500USドルがかかりますが、そのうち300USドルの35%が報酬として入ってきます。

 

⑤エージェント(代理店)登録

エージェント登録は2,800USドルがかかりますが、そのうち2,000USドルの35%が報酬として入ってきます。

 

アフィリエイト登録を10件、エージェント登録を5件行えば、合計で4,550USドルの報酬が得られる計算となります。

 

 

アフィリエイトやエージェント(代理店申込みを行う場合)登録をする場合

 

管理画面のSBクラブタブから、アフィリエイトあるいはエージェントを押して申し込んでください。

 

アフィリエイトの場合は500USドル、エージェントの場合は2,800USドルが必要です。

 

SB101』で仮想通貨で持っている資産を守ろう

 

 

登録時の注意点、こちらは完全紹介制になりますので紹介ID無しではカードの発行ができません。

 

まとめ

仮想通貨を活用できる、便利なプリペイドカードについてご紹介しました。

余分な手間をかけなくてもよくなるプリペイドカードを持ち、毎日を暮らしやすく変えてみてはいかがでしょうか。

Copyright (C) 2018 SB101 JAPAN All Rights Reserved.